• 投稿カテゴリー:ホーム

飛沫感染・空気感染・エアロゾル感染・接触感染の違い – 冷感&高機能マスク販売開始! –

飛沫感染・空気感染・エアロゾル感染・接触感染の違い – 冷感&高機能マスク販売開始! –

感染症とは、環境中(空気や水、人・動物など)に存在する病原性の微生物(細菌、ウイルス、カビなど)が体内に侵入することで咳や発熱、下痢などの症状を引き起こす疾患です。感染しても、症状が現れる場合(顕性感染)と,はっきりとした症状が現れない場合(不顕性感染)があります。

顕性感染:けんせいかんせん
感染した病原体に特有の症状を示す感染のしかた。治療しても治らず、悪化して死に至ってしまうこともあります。

不顕性感染:ふけんせいかんせん
感染症にかかって病原性の微生物が増えるのに症状が現れず、知らない間に免疫ができてしまうような感染のしかた。

日和見感染:ひよりみかんせん
健康であれば症状が出ず気にすることのない菌でも、病気で抵抗力が弱っている時などに感染症として発症してしまうもの。

新型コロナウイルスでも無症状の感染者が問題になっていますが、不顕性感染者は知らない間に保菌者(キャリア)となって病原性の微生物を排出し、感染源となって周囲に感染を拡げる可能性が高いのです。

新型コロナウイルスは飛沫感染すると言われていますが、では飛沫感染とはなんでしょうか。マスクの着用やソーシャルディスタンスが推奨されているのは、この感染経路に理由があるんです。

飛沫感染

咳やくしゃみをした時、勢いよく喋った時など、口から唾液が飛んでしまった経験はありませんか?咳やくしゃみ、会話によって飛散する唾液のことを「飛沫(ひまつ)」と言います。飛沫は“しぶき”とも読むことがあります。

飛沫感染は、飛散する唾液=飛沫に細菌やウイルスなどが含まれていた場合、それを吸い込むことで感染します。コロナ対策のおかげで感染者数が減っているという、インフルエンザやおたふく風邪も飛沫感染が感染経路です。

飛沫は唾液を含むしぶきで重いため飛び散る距離に限界があり、感染範囲は飛沫が飛ぶ1~2メートルと言われています(くしゃみの場合は10メートルを超える場合もあります)。飛沫を物理的にさえぎり、感染範囲内に入らないことで、飛沫感染のリスクを下げることができます。

新型コロナウイルスの感染対策としてマスクやフェイスシールドの着用や、ソーシャルディスタンスが推奨されているのは、飛沫感染を防ぐためです。飛沫が飛べる距離が2mのため、ソーシャルディスタンスは2mという距離が提唱されています。

医学的には飛沫とは水分を含んだ直径5マイクロメートル以上の粒子のことで、飛沫が乾燥して小さくなったり、もともと5マイクロメートル以下の粒子を「飛沫核」と言います。私たちの目に見えるほどの唾液であれば、その重さですぐに落下します。飛沫が小さくなればなるほど空中を漂い、周囲の人が吸い込む確率が高くなってしまいます。ただし、飛沫が小さければすぐに乾燥してしまうので感染リスクは低くなります。

空気感染

空気感染は、別の言い方として「飛沫核感染」とも言われています。上述の飛沫核=飛沫の水分が蒸発した小さな微粒子を吸い込むことで感染します。

飛沫の水分が蒸発して軽いため、長い時間にわたって空気中に浮遊し、広範囲に飛んでいくことができ、ソーシャルディスタンスを取っていても感染する危険性があります。身近なものでは、麻しんウイルス、結核菌、水痘(すいとう)ウイルスの感染経路として知られています。

空気感染するウイルスは非常に感染力が強く、空気感染の防止には室内環境の減圧や高機能フィルターの設置など、専門的で高度な対応が必要です。一般のご家庭では、マスクの着用に加えて、こまめな換気で対策しましょう。

エアロゾル感染

最近聞くようになった、新型コロナウイルスの新たな感染経路として挙がっている「エアロゾル感染」。

実は、これは明確な基準・定義がありません。エアロゾルとは、空気中に漂う微細な粒子のことですが、医療の現場では使われていない新しい言葉です。基本的な意味合いとしては飛沫感染と似たようなもので、いわゆる三密の環境下で、空気感染に近いことが起こりえるイメージと考えてください。

接触感染

皮膚や粘膜の直接的な接触や、手、ドアノブ、手すり、便座、スイッチ、ボタン、食品など、感染者が触ったものの表面にウイルスが付着して、それらを介して接触することで感染します。

ノロウイルス、ロタウイルス、腸管出血性大腸菌(O157)、サルモネラ菌、黄色ブドウ球菌などによる感染性胃腸炎が、接触感染することで知られています。病原体を持つ動物に噛まれたりして発症する狂犬病や、ノミ・ダニに刺されて感染するマラリアなどのように動物や昆虫を介して感染することもあります。また、HIV感染によるエイズ、クラミジアのような性行為による感染症は、血液や体液、粘膜を通して感染する接触感染です。

新型コロナウイルスの場合でも、接触感染が感染経路のひとつと言われています。ウイルスは付着したものの表面で、かなり長い時間、感染力を失わないという研究結果もあります。ドアノブや手すり、様々な機器のボタンやスイッチ、スマホやタブレットの表面など、日常生活の中には接触感染のリスクが高いものが数多くあります。

接触感染については手洗い・消毒が有効です。市販のアルコールや次亜塩素酸ナトリウムでこまめに消毒しましょう。

感染しない・感染させないために

外部からのウイルスを完全に防ぐことは難しいですが、マスクを着用することでウイルスを含んだ飛沫が飛ぶことを抑え、周囲への感染対策には十分効果を発揮します。新型コロナウイルスの感染対策として、ひとりひとりが感染しない・感染させないために、マスクをして飛沫を出さないことはマナーです。

 

飛沫感染や空気感染への対策 夏の冷感タイプ

日本製 洗える 冷感マスク
【8月上旬順次発送】冷感 抗菌

ハイブリッドタイプマスクHG OMA20MK4
2,200円+税

飛沫感染や空気感染への対策 SEKマーク取得の制菌効果

ハイブリッドタイプ™マスクCW 100699
予約販売価格:2,000円+税

カラー:ホワイト×ネイビー

接触感染の対策に

ウイルス・菌の除去・除菌スプレー!
消臭 銀イオン ノンアルコール
安心の日本製

即日発送・当日出荷 除菌フレッシュ 350ml 東亜産業
在庫がある限り、お一人様何本でもOK!

1,150円+税