【使ってみた!】名バイプレーヤーのハイブリッドタイプ™メッシュマスクインナー – クロスワーカーでネット購入できる!

  • 投稿カテゴリー:ホーム
【使ってみた!】名バイプレーヤーのハイブリッドタイプ™メッシュマスクインナー – クロスワーカーでネット購入できる!

ハイブリッドタイプ™メッシュマスクと一緒に発売された「メッシュマスクインナー」。

どうしても新開発されたメッシュマスクに注目が集まってしまって影に隠れがちですが、実は(?)名脇役なんです。

ハイブリッドタイプ™マスクシリーズに搭載されていた制菌・抗菌機能や、優れた細菌の捕集能力がコレ一枚でOKという実力派。ハイブリッドタイプ™メッシュマスクを高機能にカスタマイズできる優れものです。

メッシュマスクだけ購入、なんてもったいない!!「メッシュマスクインナー」をまだ購入していないなら、ぜひクロスワーカーのネットショップでご購入ください。

それでは!「メッシュマスクインナー」を使ってみた感想と、その使い勝手をリポートします!(あくまでも個人の感想です!)

小さいのに、とっても優秀な素材♡

「ハイブリッドタイプ™メッシュマスク」は、運動・スポーツをする時や、作業・活動をする時に、熱中症リスクを軽減するマスク、呼吸がしやすく飛沫の発生を防ぐマスクとして開発されたため、制菌・抗菌機能や、優れた細菌の捕集能力はありません。

そこで、ソーシャルディスタンスが確保できない時にも使用できるように、二重構造のメッシュの間に「メッシュマスクインナー」を差し込めるようになっています。メッシュマスクインナーと一緒に使うことで、制菌機能や外部からの飛沫捕集性能をプラスすることができ、運動・活動時以外にも安心して利用できるようになっているんです。

メッシュマスクインナーを手に取ると、こんなに小さいのに高機能って本当かしら?と疑問が湧いてきます。Mサイズだと、二つ折りにした状態で横幅が約7.5cm、縦が約14cm。手近なところだと、PC用マウスよりも小さい感じがします(逆によくわからないサイズでしょうか…)。

ハイブリッドタイプ™メッシュマスクと一緒に使えば四重構造!

ハイブリッドタイプ™メッシュマスクインナーはメッシュの二重構造ですが、メッシュマスクインナーも表面と裏面で生地が異なる二重構造です。一緒に使うと四重構造になるわけですね!

表面はホワイトカラーで、さらっとしています。触った感じのイメージとしては鹿子ポロシャツのような…?

裏面はグレーで、ちょっとしっとりした感触があります。何か似た感触のものはないか考えてみましたが、ちょっと思いつきませんでした(すみません)。

写真だと白とグレーのコントラストがちょっとわかりにくいですが、実際に見るとハッキリわかるので、表裏を間違えることはありません。

ハイブリッドタイプ™メッシュマスクインナーはメッシュのしっかりした感触があるので、そのギャップからか、メッシュマスクインナーがとっても柔らかく感じます。

次に、表面と裏面、それぞれの生地の特徴を確認していきましょう。

表面はSEKマーク(制菌加工)取得!ブレステック®ドライアップ繊維

吸汗速乾性に優れた素材に制菌加工を施した、Breath tech®dry-up(ブレステック®ドライアップ)を表面に使用しています。

ハイブリッドタイプ™メッシュマスクと一緒に使ってみたところ、ハイブリッドタイプ™メッシュマスクの通気性とメッシュマスクインナーの吸汗速乾性のおかげなのか、他のマスクに比べてマスクのムレや湿気が気になりませんでした。激しい運動をしたり、真夏日の汗ダラダラな時に使うと、やっぱりムレが気になるのかもしれませんが、普通に使う分には爽やかで快適です♪

主な機能

    • 制菌・消臭(繊維製品新機能評価協議会 SEK認証)
    • 吸汗速乾
    • UVカット
    • 防縮加工(洗濯収縮の軽減)
    • 防塵性

また、「抗菌加工」よりも強力な細菌抑制効果を持つ、「制菌加工」(橙・オレンジ)で安心のSEKマークを取得しています。SEKマーク認証・制菌加工生地は、繊維に付着した菌の増殖を抑制して、マスクの衛生環境を保ちます。繊維上の皮膚常在菌や塵、花粉、飛沫物に付着する有害な菌類の増殖抑制・減少効果が期待でき、衛生的な効果も高いものです。

これはちょっと実際に体感できることではないので確認できませんが、SEKマークの、しかも制菌加工の認証を受けているのは安心できますね。

それから、ハイブリッドタイプ™メッシュマスクは「呼吸がしやすく飛沫の発生を防ぐ」というマスクのため、UVカット機能がありません。今の時期は紫外線が気になる方も多いと思いますが、このメッシュマスクインナーにはUVカット機能があるので、一緒に使うのがおすすめです。

SEKマークとは、繊維評価技術協議会が制定する、抗菌・防臭加工繊維製品の性能等における規格を満たした製品に付与する認証マークです。詳しくは一般社団法人 繊維評価技術協議会公式ホームページでご確認ください。

参考記事: SEKマークとは?制菌加工・抗菌加工の品質を認証された製品を選ぼう!

裏面は<細菌の捕集能力>に優れた半導体機能繊維!

裏面には独自開発した半導体機能繊維。微細化された貴金属を練り込んだ半導体機能を有する繊維を重ねています。半導体機能繊維は、通常素材と比較して特に<細菌の捕集能力>に優れていて、塵、花粉、飛沫物に付着する細菌対策としての効果が期待できます。

これも制菌加工と同じで、実際に効果を確認することができないのが残念です…。

ハイブリッドタイプ™マスクシリーズの中でも、この半導体機能繊維が使用されているマスクは人気で、それをハイブリッドタイプ™メッシュマスクにも搭載できるのがメッシュマスクインナーです。

スポーツ・作業時用の通気性抜群マスクとしても、メッシュマスクと一緒に使って高機能マスクにも、シーンに合わせて使い方を選べるのがハイブリッドタイプ™メッシュマスクと、メッシュマスクインナーの特徴でもありますね!

立体縫製でメッシュマスクにピッタリはまる!

ハイブリッドタイプ™メッシュマスクと同じように、メッシュマスクインナーも鼻からアゴにかけて立体的なカーブを描いた立体構造&立体縫製です。ハイブリッドタイプ™メッシュマスクのポケットにメッシュマスクインナーを入れても、全く違和感がありません。

ポケットに入れるのはとっても簡単。ポケットの真ん中の1箇所だけ縫ってあって、内側メッシュが顔にベタっと付かないようになっています。両側が大きく開くので、メッシュマスクインナーを入れて、形を整えるだけ。

取り出すのも簡単なので、確かにシーンに合わせて使い分けしやすいです。

なお、メッシュマスクインナーは、ハイブリッドタイプ™メッシュマスクと同じサイズを選ぶようにしてくださいね(マスクがMサイズなら、メッシュマスクインナーもMサイズをご利用ください)。サイズが異なると、マスクが小さくてマスクインナーが入らなかったり、マスクが大きくてマスクインナーが正しく機能しないことなどが考えられます。ご購入の際は、必ずサイズをご確認ください。

実際、使ってみてどうなの?

マスクとインナーで四重構造になっても通気性がいい!

メッシュマスクインナーを入れて、ハイブリッドタイプ™メッシュマスクを着けてみると、一般的なマスクに比べると厚みが増します。そもそもハイブリッドタイプ™メッシュマスクがしっかりめのメッシュで、若干かさばってるからでしょう。メッシュマスクインナーも二重構造だし…。

ただ、厚みがあっても、通気性という点では一般的なマスクよりも息がしやすく、ムレが気にならないという不思議。

さすがの通気性です。そうそう、ハイブリッドタイプ™メッシュマスクだけで出かけた時は、顔に風を感じました!(私は風を切って走ったり歩いていたわけではありません。)マスクを付けていて風を感じるなんて、初体験です。

時にメガネは曇るが、一般的なマスクよりは曇りにくい

ハイブリッドタイプ™メッシュマスクだけだと、本当にメガネが曇らなくて、1日中このままで使いたい!と思うのですが、オフィスや通勤、外出先で人が多い場所は、さすがにメッシュだけだと不安になります。

だからメッシュマスクインナーを入れて使うのですが、ハイブリッドタイプ™メッシュマスクの鼻の形状記憶樹脂をフィットさせていないと、やっぱりメガネが曇ります。

あ、でも一般的なマスクに比べれば、メガネの曇り感も、マスクの中のムレもマシです。不織布マスクでもウレタンマスクや布マスクでも、メガネが曇って困っていましたが、ハイブリッドタイプ™メッシュマスクとメッシュマスクインナーに変えてから、メガネが曇って前が見にくい、ということが減りました。ハイブリッドタイプ™メッシュマスクだけで使っている時は、そんな悩みがあったことも忘れるくらい快適です。

メッシュマスクインナーの困ったところ

持ち歩く時はどこに入れるのか?

実際に使ってみて気が付いたことです。

ハイブリッドタイプ™メッシュマスクをインナーマスクでカスタマイズできるのはありがたい!という気持ちしかありませんが、一体型ではないからこそ困ったことがあります。

メッシュマスクインナーを持ち歩く時、もしくは外した時に、どうするか。

ハイブリッドタイプ™メッシュマスクと一緒に使っている時は、しまう場所に困りません(当たり前か…)。持ち歩きたい時や外したい時は、洋服のポケットやバッグにそのまま入れてもいいのかもしません。でも、まだ使っていない清潔なメッシュマスクインナーマスクや、使った直後のちょっと湿ったメッシュマスクインナーをバッグに入れるのはちょっと…ためらわれます。

そこで必要になるのが、マスクケース。これがあればメッシュマスクインナーのしまう場所に困ることはありません。ただ、メッシュマスクインナーを使うのにマスクケースも必要になるのか、と凹みました。

ぱっと見でサイズがわからない

実はハイブリッドタイプ™メッシュマスクには、内側にサイズが書かれたタグが付いています。この白いタグの「M」と書かれた裏側や、マスク外側にあるブランドロゴのタグの裏側に、自分のマスクとわかるように、小さく目印やイニシャルをマジックで書くことができます。

サイズ表記のタグは、内側に付いているといっても二重メッシュの間(ポケットの中)なので、タグが肌に当たって痛いとか気になるとかってことはありません。

ところが、メッシュマスクインナーにはサイズ表記がなく、タグも付いていません。

それで困ったのが、家族と同じサイズで使う場合と、サイズ違いで使う場合。

家族で同じサイズで使って、同じ日に洗濯機に入れてしまうと、本当にどっちが誰の???となります。絶対に自分のメッシュマスクインナーを使い続けたい(家族と共用なんて嫌だ)という方は、購入直後にメッシュマスクインナーに目印をつけることをお勧めします。

サイズ違いで使う場合でも、例えばMサイズとLサイズはぱっと見ではサイズの違いが分かりにくくて、2つを見比べてみたり、メッシュマスクインナーを重ねて大きさを把握する感じです。写真だと、大きさが結構違う気がするんですけど、洗濯すると「あれ?どっちだ?」となることが多いです。

と、ちょっと困ったところはありましたが、やっぱり買って正解。

ハイブリッドタイプ™メッシュマスクの通気性を考えたら「使う」という選択肢しかないし、人が多い場所ではメッシュマスクインナーのある安心感は変えられません。ぜひ皆さんもお試しください!(クロスワーカーで絶賛販売中です♪)

ハイブリッドタイプ™メッシュマスクのご購入はこちら

ハイブリッドタイプ™メッシュマスク(OMA20SPM)

価格 2,200 円(税込)

●サイズ
S、M、Lの3サイズ展開
S(サイズ目安 頭囲50㎝)
M(サイズ目安 頭囲54㎝)
L(サイズ目安 頭囲58㎝)

●素材
ポリエステル
裏:ナイロン
耳掛部分:ナイロン、ポリウレタン

メッシュマスクインナーのご購入はこちら

メッシュマスクインナー(OMA20IFS)

価格 792 円(税込)

●サイズ
S、M、Lの3サイズ展開
※ハイブリッドタイプ™メッシュマスクと同じサイズをご購入ください。

●素材
ポリエステル

企業・法人様でのご購入をお考えでしたらクロスワーカーにご相談ください!

企業・法人様での購入をご希望でしたら、お気軽にメール、または以下のフォームよりお問い合わせください。

また、クロスワーカーではご要望をお伺いしながらユニフォームをご提案しております。ネーム刺繍入れや、職種に合わせた制服・ユニフォームもご案内しております。お気軽にご相談ください。

メールアドレス:shop@cross-worker.net


    購入希望見積もり希望ご相談