【 STOP!熱中症 】熱中症について知ろう!予防しよう!

  • 投稿カテゴリー:ホーム
You are currently viewing 【 STOP!熱中症 】熱中症について知ろう!予防しよう!

夏本番の強い日差しと青空。

全国各地で連日真夏日・猛暑日となって厳しい暑さを迎え、環境省は「熱中症警戒アラート」を発表しています。しかし、熱中症の症状を訴え病院に搬送される人も増え、熱中症には厳重な警戒が必要です。

熱中症は生命に関わりますが、熱中症について知識を持ち、対策をすることで、予防することができます。今回は熱中症とは何か、熱中症にならないためにどうしたらいいか、ポイントをまとめました。

熱中症について知ろう!

からだの中に熱がたまると、熱中症が起こる!熱中症のメカニズム

熱中症とは、熱によって起こるさまざまなからだの不調の総称です。

暑い日や運動・作業で体温が上がると、人は汗をかきます。普段なら、からだに備わっている体温の調節機能が働き、皮膚の血流を増やして熱を体の外に放出(熱放散)します。さらに汗をかいて、汗が蒸発する時に皮膚から熱を奪うこと(=気化熱)によって、体温を下げようとします。

ところが猛暑のような厳しい暑さの時や、激しい運動などによって大量に汗をかくと、からだのバランスが崩れてしまいます。

からだの外に熱を放出できなくなると、体内に熱がこもってしまい、体温が上昇して内臓も高温にさらされます。さらに汗は体内の水分や塩分(ナトリウムなど)ですから、汗を大量にかくと体内の水分・塩分が失われ、体温の調節機能が働かくなってしまうのです。こうして体温の上昇、めまい、けいれん、頭痛などのさまざまな症状を発症する障害が熱中症です。

熱中症は生命に関わる障害ですが、熱中症について知識を持ち、対策をすることで、予防することができます。

どんな時に熱中症になりやすいの?

皮膚温の上昇や、汗をかいても体温の調整ができず、からだに熱が溜まってしまう状態が熱中症です。

では、どんな時に熱中症になりやすいのでしょうか?熱中症を引き起こす条件として、「環境」「からだ」「行動」によるものが考えられています。

環境

  • 気温や湿度が高い
  • 風が弱い
  • 日差しが強い
  • 急に暑くなった日
  • 熱波の襲来
  • 閉め切った室内や、エアコンのない部屋

からだ

  • 暑さにからだが慣れていない
  • 高齢者・乳幼児・肥満の方
  • 糖尿病や精神疾患といった持病
  • 病気による脱水状態
  • 疲労・寝不足といった体調不良
  • 低栄養状態

行動

  • 激しい運動や作業
  • 慣れない運動や作業
  • 長時間の屋外作業
  • 水分補給できない状況
  • 暑い屋内・室内で過ごす

熱中症といえば、炎天下で運動や作業をしていたケースが想像しやすいかもしれません。しかし実際には家の中でじっとしていても、気温が下がると思いがちな夜であっても、熱中症を発症するケースもあります。また、暑さにからだが慣れていない時期に、急に暑い日があると熱中症になりやすいのです。

令和3年7月5日〜11日の救急要請時の発生場所では、住居・敷地内が全体の35%以上を占めて最も多く、次いで道路・交通施設が約18%を占めています。屋内にいても、屋外にいても、熱中症のリスクがあることを知り、予防のための対策を取ることが大切です。

熱中症にはどんな症状があるの?

気温や湿度が高い環境のなかで、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温の調節機能が働かくなると、体温の上昇やめまい、けいれん、頭痛などのさまざまな症状を起こします。次のような症状があったら、熱中症を疑いましょう。

めまい、立ちくらみ、筋肉痛、大量の汗
気分が悪くなる、頭痛、吐き気、体がだるい、体がぐったりする
意識障害、けいれん、高体温

また、熱中症は重症度によって、次の3つの段階に分けられます。Ⅱ度以上の症状が認められたら、直ちに救急車を呼びましょう。

Ⅰ度:軽度 現場での応急処置で対応できる軽症
    • 立ちくらみ(脳への血流が瞬間的に不十分になったことで生じる熱失神)
    • 筋肉痛、筋肉の硬直(発汗に伴う塩分の不足で生じるこむら返り=熱けいれん)
    • 大量の発汗
Ⅱ度:中度 病院への搬送を必要とする中等症
    • 熱疲労による頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感
Ⅲ度:重度 入院して集中治療の必要性のある重症
    • 意識障害、けいれん、手足の運動障害
    • 高体温(体に触ると熱く、いわゆる熱射病、重度の日射病)

熱中症の応急処置

熱中症が疑われたら、すぐに現場で応急処置をしましょう。Ⅱ度:中度以上の症状が見られたら、直ちに救急車を呼びましょう。

Ⅰ度:軽度の熱中症が疑われる場合や、救急車が到着するまでの間は、現場でできる応急処置を行います。応急処置をしても症状が改善しない場合は、迷わず早めに医療機関を受診しましょう。

涼しい場所へ移動する

冷房が効いてる室内や、風通しのよい日陰など、涼しい場所へ避難し、横になってからだを休めましょう。

からだを冷やす

衣類の襟元をゆるめたり脱いだりして風通しをよくして、からだからの熱の放散を助けます。
また、うちわや扇風機で風をあてたり、氷や氷嚢・冷たいペットボトルでからだを冷やしましょう。冷やす場合は、首筋やわきの下・足の付け根・足首など、太い動脈が通っている部分を冷やすのが効果的です。
衣類が脱げないようなら、服や下着の上から少しずつ冷やした水をかける方法もあります。

水分・塩分補給

自分で会話の受け応えができて、意識がはっきりしているなら、冷たい水や塩水、スポーツドリンクなどを自分で飲んでもらいましょう。
大量の発汗があった場合には、汗で失われた塩分も適切に補える経口補水液やスポーツドリンク等が最適です。食塩水(水1ℓに1~2gの食塩)も有効です。
呼びかけや刺激に対する反応がにぶかったり、意識がない場合、吐き気を訴えている場合は、水分が気道に流れ込む可能性があります。すぐに病院での点滴が必要です。

豆知識:からだに必要な水分量

人の1日の水分出納は約2.5Lといわれています(尿:約1,000~1,500ml、不感蒸泄(呼気や皮膚から排泄される水分):約900ml、糞便中の水分:約100〜200ml)。
これに見合う摂取水分は、①飲料水1,000~1,500mL、②食物に含まれる水分 約800mL、③代謝水 約300mL(栄養素が体内で酸化分解されるときに生じる水分)などがあります。体内でホルモンなどに調節される部分もありますが、それでも水分摂取量と排出量の均衡を保つ必要があります。
特に夏は汗をかく分、意識して水分の摂取を心がけなくてはいけません。かいた汗の量を目安にして水分摂取を心がけ、汗で失われる塩分やミネラルも補給しましょう。

熱中症にならないために予防しよう!

日常生活では新型コロナウイルス感染防止とともに、からだ(体調、暑さへの慣れ、水分摂取等)への配慮、行動の工夫(暑さを避ける、活動の強さ、活動の時期と持続時間)、衣服の工夫が必要です。

体調の変化に気をつけるとともに、家族や同僚、知り合いの人の体調にもに気を配り、みんなで熱中症にならないようにしましょう。特に高齢者、子ども、持病のある方は注意が必要です。普段の生活から熱中症を予防しましょう。

からだへの配慮: こまめに水分補給する

暑い日は汗をかき、体内の水分が失われています。のどが渇くまえに、こまめに水分を補給しましょう。ただし、コーヒーや緑茶などのカフェインが多く含まれている飲み物や、アルコール飲料は利尿作用があるので、飲料水や麦茶などで水分摂取するようにしましょう。ちなみに、スポーツドリンクは水分とミネラルを同時に補給できますが、糖分が多いため飲み過ぎに注意が必要です。

汗をかくと、水分と一緒にミネラルやビタミンも失われます。水分補給だけではなく、ミネラルも補給するように心がけましょう。

水分のとり過ぎによって心臓やからだに負担がかかることもあり、注意が必要な人もいます。持病のある人は水分のとり方について主治医に相談しましょう。

    • のどが渇くまえに、こまめに水分補給(1日あたり1.2Lを目安にしましょう)
    • 起床時や、入浴前後にも水分を補給
    • 大量に汗をかいた時は塩分補給も忘れずに
    • アルコール飲料での水分補給はやめましょう

行動の工夫: 暑さを上手に避けて生活する

気温や湿度の高い日には無理な節電をせず、適度に冷房や扇風機を使いましょう。コロナ禍の中では換気も大切です。エアコンをしようしているとどうしても換気を怠りがちになりますが、人が多い環境ではこまめに換気を行いましょう。

どうしても外出に出かける必要がある場合には、無理のない範囲で、なるべく日陰を歩いて暑さを避けましょう。基本的にはマスクを着用して外出しますが、人が少ない場所では熱中症予防のためにマスクを外しましょう。

屋外での工夫

    • 暑い日は決して無理しない、頑張らない
    • 炎天下や高温多湿の場での作業や運動は避ける
    • 帽子や日傘を使う
    • 日陰を選んで歩く
    • こまめに涼しい場所で休憩する
    • 暑い日や時間帯を避けて、外出や行事の日時を検討する
    • 人が少ない環境や、ソーシャルディスタンスが確保できる場所ではマスクを外す

室内での工夫

    • 我慢せずに扇風機やエアコンで室温・湿度を調整する
    • 風通しをよくする
    • ブラインドやすだれで遮光する(直射日光を遮る)
    • 室温をこまめに確認する
    • 夕方に打ち水をする

環境省は、冷房時の室温28℃で快適に過ごせる軽装への取組を促すライフスタイル「クールビズ」を推進しています。さて、この「室温28℃」はどのような数値でしょうか。

「28℃」という数値はあくまで目安です。必ず「28℃」でなければいけないということではありません。冷房時の外気温や湿度、「西日が入る」等の立地や空調施設の種類等の建物の状況、室内にいる方の体調等を考慮しながら、無理のない範囲で冷やし過ぎない室温管理の取組をお願いする目安としているものです。室内の人数や行動、服装などにあわせて温度を設定しましょう。

「クールビズ」で呼びかけている「室温28℃」は冷房の設定温度のことではありません。冷房の設定温度を28℃にしても、エアコンの場所や感度によって設定温度が正確ではないこともあります。また、冷やし過ぎもよくありません。からだに負担をかけないように、エアコンの設定温度を低くし過ぎないようにしましょう。

衣服の工夫: 涼しく過ごせる衣服で快適に

衣服で日差しを防ぎ、ゆったりした服装で風通しをよくして、からだから出る熱と汗をできるだけ逃しましょう。また、吸湿性・通気性のよい素材の衣類を選ぶと、より快適です。襟ぐりや袖口があいたデザインもおすすめです。

スーツを着用する方は、吸汗・速乾素材のシャツや、軽くて通気性の良いスーツを選びましょう。必要な時以外はネクタイを外すと、首回りの締めつけがゆるまり、熱がこもりにくくなります。

    • ゆったりした服装にする
    • なるべくネクタイを外し、襟元をゆるめて通気する
    • 吸汗・速乾素材や、軽くて涼しい夏用スーツなどを活用する
    • 黒色系の素材を避ける(輻射熱(ふくしゃねつ)を吸収するため)
    • 日傘や帽子を使う(帽子は時々はずして、汗の蒸発を促す)
    • 空調ウェアやアイスベストなど、からだを冷やす衣服を活用する

熱中症警戒アラートに気をつけて!

毎年、熱中症による救急搬送者数は増加傾向にあります。特に、熱中症警戒アラートが発表されている日には熱中症になりやすく、救急搬送者数が多くなる傾向があります。

熱中症警戒アラート?
熱中症の危険性が極めて高くなると予測された際に、危険な暑さへの注意を呼びかけ、 熱中症にならないように行動をとることを促すための情報です。令和3年4月から全国で運用が開始されました。
熱中症の危険性が極めて高い暑熱環境になると予測される日の前日17時と、当日5時の1日2回、都道府県ごとに発表されます。

発表には熱中症との相関が高い「暑さ指数(WBGT)」を用いています。暑さ指数の値が33以上と予測された場合、気象庁の府県予報区等を単位として発表します。 

暑さ指数(WBGT): 日常生活に関する指針

暑さ指数(WBGT(湿球黒球温度):Wet Bulb Globe Temperature)とは、熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標です。 WBGT値は労働環境や運動環境の指針として有効であると認められ、ISO等で国際的に規格化されています。

単位は気温と同じ摂氏度(℃)で示されますが、その値は気温とは異なります。暑さ指数(WBGT)は人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、人体の熱収支に与える影響の大きい ①湿度、 ②日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境、 ③気温の3つを取り入れた指標です。

暑さ指数(WBGT)が28℃を超えると、熱中症の危険性が高まり、熱中症患者の発生率も急激に高くなります。暑さ指数(WBGT)を参考に、日常生活や外出時の熱中症予防に活かしましょう。

企業・法人様でのご購入をお考えでしたらクロスワーカーにご相談ください!

企業・法人様での購入をご希望でしたら、お気軽にメール、または以下のフォームよりお問い合わせください。

また、クロスワーカーではご要望をお伺いしながらユニフォームをご提案しております。ネーム刺繍入れや、職種に合わせた制服・ユニフォームもご案内しております。お気軽にご相談ください。

メールアドレス:shop@cross-worker.net


    購入希望見積もり希望ご相談