【メディア掲載(長崎新聞様)】九州ワークが販売する「フルテクト®マスク」が、JAながさき県央東彼杵茶業部会様のPRキャンペーンに採用されました!

  • 投稿カテゴリー:お知らせ

長崎県 東彼杵郡 東彼杵町(ひがしそのぎちょう)で栽培・生産されている「そのぎ茶」。

そのぎ茶の名は、優れたお茶を選ぶ全国茶品評会において4年連続で蒸し製玉緑茶部門の日本一に選ばれたことで、知名度が上がりました。しかし小さな産地のため、全国的にはまだあまり知られていません。

4年連続日本一に選ばれたそのぎ茶をPRしたくても、2020年は新型コロナウイルス感染症の影響で試飲会などのPRイベントは自粛しなくてはいけませんでした。そこで、JAながさき県央東彼杵茶業部会様は感染予防対策を兼ねたPRとして、そのぎ茶のロゴマークをプリントしたマスクを採用されたのです。

新型コロナウイルスへの効果が確認されているマスクで、そのぎ茶をPR!

今回、JAながさき県央東彼杵茶業部会様に採用いただいたマスクは、新型コロナウイルスに対する効果が確認された「フルテクト®」マスク。

コロナ禍における感染予防対策にピッタリのマスクです。

インフルエンザウイルスに対する抗ウイルス効果が確認されており、その効果は、ウイルス減少率 99.9%以上!抗ウイルス性・抗菌性は国際規格(ISO18184(抗ウイルス試験)、ISO20743(抗菌性試験))に合格・承認されています。

そのぎ茶オリジナルマスクは毎日、地元住民の皆様と接する機会の多い東彼杵町役場の皆様や、JAながさき県央東彼杵茶業部会様、町茶商組合様、JA東そのぎ支店様に配布し、そのぎ茶をPRしていく予定です。

長崎新聞様に、JAながさき県央東彼杵茶業部会様のPRキャンペーンと、九州ワークが販売する「フルテクト®」マスクについて掲載いただきました!

2020年8月に開催された全国茶品評会では、蒸し製玉緑茶部門に5県から119点が出品されましたが、そのぎ茶が最高賞の1等1席(農林水産大臣賞)を獲得しました。

そのぎ茶は長崎県全体の荒茶生産量の約70%を占める全国的な茶葉の生産地として高く評価され、これまで農林水産大臣賞をはじめ、優秀産地賞など数々の賞を受賞しています。

勾玉のような丸いカーブを描くグリッとした茶葉のため、そのぎ茶は玉緑茶(たまりょくちゃ)、またはグリ茶と呼ばれています。

一枚一枚の茶葉が丸くて緑色の艶が深く、苦味・渋みが控えめです。お湯を注ぐと透き通った黄金色で、爽やかな香りが立ち上がり、強い旨みとしっかりとしたコシがあり、注ぐたびに味の移り変わりも楽しめます。ぜひ「そのぎ茶」を味わってみてください。

ぜひJAながさき県央様、そのぎ茶振興協議会様のサイトもご覧ください♪そのぎ茶の販売店は、そのぎ茶振興協議会様のサイトでご案内しています。