• 投稿カテゴリー:キッズ

いま挑戦したいこと – クロスワーカーで始める親子で家庭菜園編 –

いま挑戦したいこと – クロスワーカーで始める親子で家庭菜園編 –

おうち時間を利用して、親子で楽しめる家庭菜園を始めてみませんか。植物を育てることでお子さんの好奇心を育み、育てた野菜を一緒に調理して食べることで食育にも繋がります。野菜が苦手なお子さんも多いと思いますが、そんなお子さんこそ家庭菜園にぴったり!自分が育てて収穫した野菜なら、克服できることも多いんです。

どんな野菜を育てようかな?どんな道具が必要かな?

お子さんと一緒にホームセンターを歩いてみるだけでも、親子の学びのチャンスです。お子さんの年齢に合わせて、積極的にできる作業は任せてあげてくださいね。

庭のちょっとしたスペースやベランダで手軽に育てられるプランター栽培なら、広い菜園や庭がなくても始められます。秋からチャレンジしても、美味しい野菜作りができるんですよ。今回は、「育てる楽しみ」と「食べる楽しみ」を体験できる家庭菜園をご紹介します!

初めてでも安心☆秋から始める家庭菜園のメリット

夏の太陽は光度が強く、野菜の発育に適していると思われがちですが、太陽の光が強すぎて野菜を痛めてしまうことがあったり、気温が高いと虫の発生も多くなります。さらに、暑い日中に作業すると、お子さんが熱中症にかかってしまう心配もあります。

夏に比べると秋は気温も涼しくなり、太陽の光も強すぎず、秋晴れのように日照時間を確保できる日もあるため、野菜作りに最適なんです。春や夏に比べて虫が少ないことも、栽培が成功しやすいポイントです。自分たちで無農薬野菜を育てれば、食べても安心・安全で、摘みたての新鮮さを味わえます。

注意点としては、秋は台風が近づいてくることがあるため、台風対策としてプランターや鉢を室内に避難できるようにしておきましょう。庭の一角で家庭菜園を始めるなら、ビニールを被せて固定できるようにしておくと安心です。

プランターで作る!秋に育てる!おすすめ野菜

冬に向かうこの季節、育てる野菜もないから家庭菜園はおやすみ、と思っている方も多いかもしれませんが、今から育てやすい野菜もあるんですよ。

  • ダイコンやカブなどの根菜
  • ホウレンソウやコマツナ、ミズナ、リーフレタス、ルッコラなどの葉物野菜

難易度の低い野菜として、そら豆や春菊もおすすめです。いずれも栽培が比較的簡単で、収穫までの期間も短く、お子さんと一緒に育てる野菜としておすすめです。10月いっぱいにタネをまいて、収穫を楽しむことができます。ホウレンソウや春菊は苦手なお子さんが多いと思いますが、一緒に育てて克服するチャンスにしてみてください。

家庭菜園で必要な道具を揃える

育てる野菜の大きさにあったプランターや鉢、培養土、野菜の種や苗、ジョウロを準備すれば、すぐに始められます!

ダイコンやカブなどの根菜を育てるなら
根が深く伸びるため、プランターは30cm以上の深型のものを選んでください。芽が出てから1ヶ月後くらいには根が縦に伸びていくので、追肥すると大根の肥大化を促すことができます。

ホウレンソウやコマツナなどの葉物野菜を育てるなら
プランターは深さ20~25cmで、表面積が大きい横長タイプのものがおすすめです。浅すぎるプランターでは大きく成長できません。たくさんタネをまけば株数が多くなるので、収穫量もぐんと増えます。

近所のホームセンターや園芸専門店、インターネット通販でも購入できるので、まずはお子さんと一緒に育てたい野菜を決めて、お店に行ってみてくださいね。

お子さんに任せる野菜のお世話

野菜のタネまき、水やり、収穫は小さなお子さんでもお手伝いしやすいものです。お子さんの年齢に合わせて、任せるお世話・お手伝いは工夫してみてくださいね。

タネまき
パパ・ママがお手本を見せて、お子さんにもタネまきを体験してもらいましょう。タネをまく場所がずれてしまっても、栽培中に間引きを行うので気にせず、お子さんに任せて大丈夫です。

栽培
毎日の水やりをお子さんに任せてみましょう。野菜に愛着が出て、栽培の楽しみを覚え、継続することの大切さや観察する目を養うことができます。

収穫
タネまきや水やりなどのお手伝いの集大成ともいえる野菜の収穫。一生懸命育てた野菜を自分の手で収穫すれば達成感や、美味しく調理された野菜や食べ物へ感謝する気持ち感じることができます。もし栽培に失敗してしまって収穫できなかったとしても、いつも食べている野菜を育てることの難しさを伝えたり、次に活かして春に家庭菜園にチャレンジする機会になります。

ダイコンの育て方

タネまき
ペットボトルの蓋やビンの底を土に押し当て、深さ約1〜1.5cmの穴を作り、5粒のタネをまき、1cm程度の土をかけ軽く押さえます。ダイコンのタネは光が当たると発芽しにくいため、土はしっかりかぶせましょう。株間は約25cmを目安としてください。

栽培
2〜3日で発芽します。間引きは双葉、本葉2〜3枚、本葉5〜7枚の時の3回行い、元気のよいものを残して1本立ちにします。1カ月後には縦に伸びるので、このタイミングで追肥(液体肥料を規定倍率に希釈してまく)し、水分を切らさないようにしましょう。

収穫
秋ダイコンはタネまき後60~90日で収穫できます。外葉が垂れて中心部の葉が開き、根径が7~8cmになったら収穫時期です。

カブの育て方

タネまき
長手のプランターに、板などを土に押し当てて深さ1~1.5cmほどのまき溝を作り、タネを1cm間隔でスジまき(タネまき床に等間隔にスジをつけてまくこと)し、5mmほど土をかぶせて、しっかりと水やりします。

栽培
3~4日で発芽します。間引きは双葉、本葉2〜3枚、本葉5〜7枚の時の3回行います。一本おきに間引きして、最終的な株間は小カブで10cmくらいにします。追肥は1カ月後に与え、水分を切らさないようにします。土寄せすると根がきれいになります。

収穫
根径が5cmになったら収穫できます。収穫が遅れると味が落ちるので、早めにしましょう。

ホウレンソウの育て方

タネまき
秋まき品種、深さ25cmのプランターを選びましょう。板を押し当てるなどして、深さ1.5~2cm、幅が3cmほどの平らな溝を作り、タネ間隔が1cm程度になるようにタネをばらまき、1cmほどの土をかぶせます。

栽培
5~7日で発芽します。間引きは本葉2枚、本葉4枚の時の2回行い、株間を6cmほどにします。湿害に弱いため、この頃まで水やりは控えめにすると根が丈夫に育ちます。2回目の間引きの後に追肥します。

収穫
草丈が20cm以上、葉数が15枚以上になったら、順次ハサミで根本を切って収穫します。一部を抜き取って間引き収穫すると株を痛めてしまうので注意しましょう。一斉に収穫できるなら引き抜いてOKです。

コマツナの育て方

タネまき
板を押し当てるなどして、深さ1cmほどの平らな溝を作り、タネ間隔が1cm程度になるようにタネをばらまき、5mmほどの土をかぶせます。

栽培
3〜4日で発芽します。間引きは本葉2枚の時に株間が3cmとなるように、本葉4枚の時に株間が6cmとなるように2回行い、最終株間を6cmほどにします。生長が早いため、間引きが遅れないよう気をつけましょう。2回目の間引き後に追肥します。

収穫
秋まきでは50~80日後、草丈が20〜25cm程度になったら、株元を持って引き抜き、順次収穫します。

お子さんと一緒に秋から始める家庭菜園、いかがでしたか?

クロスワーカーでは、家庭菜園で使える軍手や、お子さんと一緒にお揃いで着るツナギ服をご用意しています!ネットショップで気軽に商品をチェックしていただけます。また、九州ではお子さんと一緒に商品を選ぶことができる店舗も展開していますので、ぜひ遊びに来てくださいね。

キッズ(100-150)、パパ・ママ(S-3L)(4L/5Lもあります)
サイズ展開豊富!男性も女性も子供も着れるサロペットつなぎ服
グレースエンジニア サロペット つなぎ GE-807
4,800円+税

キッズ(100-150)、パパ・ママ(S-3L)(4L/5Lもあります)
サイズ展開豊富!男性も女性も子供も着れる長袖つなぎ服
グレースエンジニア 長袖つなぎ GE-105
4,624円+税

数量限定大特価!
農業、園芸に。天然ゴム仕様、手袋内側が綿素材で吸汗性が抜群。
天然ゴム手袋 デュアルNEO 3P N-3576 作業用軍手
280円+税

【ジュニア・子ども用】 100-150cm
ヤマタカ キッズ つなぎ服 127 女の子・男の子
3,255円+税

【パパ・ママ用】 SS-3L
ヤマタカ 長袖つなぎ 117 ツナギ服 男女兼用
今ならお買い得! 2,700円+税

【CROSS WORKERオリジナル】CW-10T500
日本一DX 10双
199円+税