8月31日は” 野菜の日 “ 野菜をもっと食べよう♪ – 野菜の記念日、知ってますか?

  • 投稿カテゴリー:ファーム
You are currently viewing 8月31日は” 野菜の日 “ 野菜をもっと食べよう♪ – 野菜の記念日、知ってますか?

野菜の日は、1983年(昭和58年)に全国青果物商業協同組合連合会など9団体が、

「 もっと野菜のことを知ってほしい 」
「 野菜をたくさん食べてほしい 」

という想いで「や(8)さ(3)い(1)」(野菜)の語呂合わせから制定した記念日です。野菜の日には、全国の農業協同組合、自治体、企業や食品メーカー、スーパーなどで野菜にまつわるイベントやキャンペーンが開催されています。お店で” 野菜の日 “を知った方もいらっしゃるかもしれません。

今回は不足しがちな野菜にまつわる、いろいろな野菜の記念日をご紹介します!

野菜って、どれくらい食べればいいの?

「野菜を1日350g摂りましょう」というフレーズ、聞いたことありませんか?

厚生労働省が推進する健康作り運動「健康日本21(第二次)」では、健康増進の観点から成人は1日350g以上の野菜を食べることを目標にしています。

ところが、同省が実施した平成30年の「国民健康・栄養調査」での野菜類平均摂取量を見ると、成人男性で約290g、女性で約270gとなっています。年齢階級別にみると、男女ともに20~40歳代で野菜摂取量が少なく、60歳以上で多いという結果でした。

健康意識の高まりとともに、野菜をたくさん食べようと意識する人も増えましたが、それでも日本人の野菜摂取量は目標を下回ったまま、目標を達成できていません。野菜が健康に良いことは知っていても、働き盛りの世代では意識的に野菜を食べることができていないようです。

8月31日の” 野菜の日 “はもちろん、いろいろな野菜の日が制定されているので、この機会にぜひ食生活を見直して、野菜をたくさん食べる健康生活に変えていきましょう!

九州ワークでは、社員に「安心・安全・健康」であって欲しいという考えのもと、健康経営の一環として2020年から社内の食育活動をスタートさせました。野菜を中心とした健康ランチ会を定期的に開催し、講師の先生から食事や栄養について学んでいます。

知らなかった!いろいろな野菜の記念日

実はいろいろな野菜に記念日があります。旬の時期を目安に、野菜の名前と日付を語呂合わせによるものや、野菜の形から日付をイメージしたもの、行事や野菜の由来によるものがあります。

8月31日が野菜の日のように、俵万智さんの有名な短歌にちなんで、七夕の前日の7月6日が「サラダ記念日」とされていたり、ドレッシングの日もあったりします。ピーマンやキャベツのように、ちょっと強引な記念日があるのも面白いですね。

野菜の日には各地でイベントやキャンペーンが開催されていることがあるので、野菜についての知識を学んだり、野菜を意識して食べるきっかけにしてください!

2月3日 にんじんの日

にんじん生産地として有名な沖縄県糸満市が、語呂合わせと、2月に人参の収穫最盛期を迎えることから制定。他にも1月12日が「いいにんじんの日」であったり、カゴメ株式会社いい「に(2)んじ(4)ん」として、11月24日を「冬にんじんの日」としています。

2月10日 ふきのとうの日

1993年に宮城県大崎市のふるさとプラザが季節感と合わせて、「ふ(2)きのとう(10)」と読む語呂合わせで制定しました。

2月29日 にんにくの日

健康補助食品の通信販売を行う鹿児島県鹿児島市の株式会社健康家族が、「にん(2)にく(29)」と読む語呂合わせから、4年に1度の2月29日を「にんにくの日」として制定しました。また、青森県おいらせ町にある協同組合青森県黒にんにく協会が「く(9)ろ(6)」と読む語呂合わせで「黒にんにくの日」と制定しています。

3月8日 さやえんどうの日

さやえんどうの主産県である和歌山県で3月にハウスのさやえんどうが最盛期になることと、「さ(3)や(8)」の語呂合わせから、和歌山県農業協同組合連合会が制定しました。

3月28日 みつばの日

「み(3)つ(2)ば(8)」(三つ葉)と読む語呂合わせから、3月28日は三つ葉の日とされています。ただ、記念日を制定した団体や目的などは定かではないそうです。

4月3日 いんげんまめの日

1673年(延宝元年)4月3日、いんげんまめを中国から日本へ伝えたとされる隠元禅師の命日から制定されました。

4月9日 ピーマンの日

Pと9の形が似ていることから、「よい(4)P(9)マン」として4月9日が選ばれました。冬春期のピーマンの主産地である茨城県、高知県、鹿児島県、宮崎県の4県JAグループが組織する「がんばる国産ピーマン」プロジェクトが制定しました。

4月17日 なすの日(よいなすの日)

「よい(41)なす(7)」と読む語呂合わせから、冬春なすの主産6県の団体(高知園芸連、全農ふくれん、熊本経済連、全農岡山、佐賀経済連、全農徳島)で構成する冬春なす主産県協議会が制定しました。

4月19日 きゅうりの日(よいきゅうりの日)

「よい(41)きゅうり(9)」という語呂合わせから、JAあいち経済連の「西三河冬春きゅうり部会」が制定しました。また、全国のきゅうりの出荷団体などで結成した「いいきゅうりの日プロジェクト」が、JAあいち経済連が制定した4月を除く、毎月19日を「いいきゅうりの日」として制定しています。

5月8日 ゴーヤーの日

1997年、沖縄県とJA沖縄経済連がゴーヤーをもっと知ってもらいたいと、5月から出荷が増えることにちなみ、「ゴー(5)ヤー(8)」の語呂合わせから制定しました。

5月10日 ごぼうの日

「5(ご)1(棒)0(お)」の語呂合わせから、5月10日に制定されました。

5月27日 こまつなの日

「こ(5)まつ(2)な(7)」の語呂合わせから、大阪府堺市の小松菜を専作している株式会社しものファームが消費拡大が目的に、制定しました。

6月6日 らっきょうの日

6月に旬を迎え、漢字の「六」は根菜であるらっきょうが土の中で成長していくイメージがあること、数字の6がらっきょうを2つぶら下げた形に似ていることから、らっきょう商品を多数手がける栃木県栃木市の岩下食品株式会社が6月6日と制定しました。

6月15日 しょうがの日

奈良時代から神様への供え物とし生姜が献じられ、6月15日には生姜の古名である「薑(はじかみ)」を名乗る石川県金沢市の「波自加弥(はじかみ)神社」(718年創建)で、生姜を祀る「はじかみ大祭」が行われています。これにちなんで、株式会社永谷園が制定しました。生姜つながりとしては、11月11日を「岩下の新生姜の日」として、栃木県栃木市に本社を置く岩下食品株式会社が制定しています。

7月28日 菜っ葉の日

「な(7)っ(2)ぱ(8)」の語呂合わせから、菜っ葉の日とされています。どの団体がいつから制定したのかはっきりしていません。

8月2日 キャベツの日

8を横にすると、キャベツが2つ並んでいる形に見えるため、キャベ(8)ツー(2)として8月2日と制定しました。キャベツの生産量日本一を誇る嬬恋村が毎年8月2日を「キャベツの日」としてキャンペーンを行っています。

8月7日 オクラの日

8月頃に旬を迎えること、オクラの切り口の形が「星形」であることから、夏バテ予防に食べて欲しいと、旧七夕の日である8月7日を、岩手県盛岡市の青果業を営む「やおやささき」が「オクラの日」として制定しました。

8月9日 はくさいの日

「は(8)く(9)さい」という語呂合わせから制定されました。

9月15日前後 いも名月(さといもの日)

芋の収穫期でもある旧歴8月15日(十五夜)の中秋の名月には、新芋(サトイモ)を掘って水炊きのまま月前にお供えたりして収穫を祝ったことから、「いも名月」=里芋の日として制定されました。

9月18日 かいわれだいこんの日

8を横にして(∞)、下に1を書き足すと、貝割れ大根の芽(双葉の形)をイメージできるため、日本かいわれ協会が1986(昭和61)年9月に、無農薬の健康野菜であるかいわれ大根を広めたいと制定しました。

10月4日 とうがらしの日

「とう(10)がらし(4)」という語呂合わせから、唐辛子の日とされています。ちなみに、7月3日は「しち(7)み(3)」という語呂合わせから七味の日として、大阪府大阪市の株式会社向井珍味堂が2010年(平成22年)に制定しています。

10月10日 トマトの日

「10と10」で「トマト」と読む語呂合わせと、10月は食生活改善普及月間であり「スポーツの日」もあって健康への関心が高いことから、一般社団法人全国トマト工業会がトマトが、健康増進とトマト料理の普及を目的に制定しました。また、カゴメ株式会社は「よい(4)トマト(10)」の語呂合わせと、トマトの味の旬は春であることから、4月10日を「よいトマトの日」と制定しています。

10月13日 さつまいもの日

さつまいものことを「栗(九里)より(四里)うまい十三里(9+4=13)」と表現することから、川越いも友の会が制定しました。また10月23日は、二十四節気の「霜降」の頃で芋掘りのピークを迎えることから、「おいもほりの日」と東洋アルミエコープロダクツ株式会社が制定しています。

11月11日 もやしの日

1が4つ並んで、もやしをイメージできるため、もやし生産者協会11月11日に制定しました。一般的にはポッキーの日として有名ですが、細長いものはこの日が記念日になっていることが多く、もやしの日だけでなく、麺の日でもあります。

11月17日 蓮根の日

全国のレンコン産地の生産者が、一大産地である茨城県土浦市に集まり、「蓮根サミット」を開いた1994年(平成6年)11月17日を記念して制定されました。また、蓮根をPRしようと徳島県蓮根消費拡大協議会は、「いい(11)はす(8)」(=良い蓮)の語呂合わせで、11月8日を徳島県れんこんの日としています。

11月23日 こねぎ記念日

勤労感謝の日は「ねぎらいの日」であること、11月下旬以降は小ねぎの生産が増えて鍋物などでもよく使われる季節であることから、福岡・大分・佐賀・高知・宮城県の全国農業協同組合連合会の「小ねぎ主産県協議会」が制定しました。また同協議会は毎月23日を「国産小ねぎ消費拡大の日」として制定しています。

12月22日前後 かぼちゃの日

「冬至(とうじ)」は、二十四節気(にじゅうしせっき)の一つで、1年で最も夜が長く、昼が短い日です。その冬至の日にかぼちゃを食べると風邪を引かないとされることから、12月22日がかぼちゃの日として制定されました。

また、野菜に「掛ける(8×3×1=24)」という意味で、野菜の日の一週間前の8月24日が「ドレッシングの日」として制定されています。

8月24日 ドレッシングの日

ドレッシングの新しい利用方法をアピールするため、ケンコーマヨネーズ株式会社が制定しました。「野菜にかける」こと(8×3×1=24日)、週間カレンダーの「野菜の日」(8月31日)の真上にくる日が8月24日であることからこの日を記念日となりました。

野菜を収穫して、もっと野菜を好きになろう

クロスワーカーでは、野菜や果物の摘果選別作業に最適なワークウェア・アイテムを取り揃えています。

もちろんプロ向け商品ですが、家庭菜園・ベランダ菜園でも使えるものばかり!自宅時間を使って家庭菜園デビューされるなら、ぜひチェックしてみてください♪

dimo レディースパンツ D518

dimo カーゴパンツ D512

dimo フェイクダウン 防寒ベスト D615

dimo デッキジャケット D617

綿100%長袖つなぎ SOWA 9800

グレースエンジニア インナーつなぎ GE-2042

イーブンリバー 防風ストレッチつなぎ R-140

エスケープロダクト 撥水防風ツナギ GE-209

ピッタリ背抜き強力ロング3P SHOWA K-3P

ぴたっとフィット3P SY-378

ユニワールド 滑り止め手袋 5013/5017

ナイロンタック防水アームカバー 414

クロスワーカーのネットショップはこちら!

企業・法人様でのご購入をお考えでしたらクロスワーカーにご相談ください!

企業・法人様での購入をご希望でしたら、お気軽にメール、または以下のフォームよりお問い合わせください。

また、クロスワーカーではご要望をお伺いしながらユニフォームをご提案しております。ネーム刺繍入れや、職種に合わせた制服・ユニフォームもご案内しております。お気軽にご相談ください。

メールアドレス:shop@cross-worker.net


    購入希望見積もり希望ご相談