SEKマークとは?制菌加工・抗菌加工の品質を認証された製品を選ぼう!

You are currently viewing SEKマークとは?制菌加工・抗菌加工の品質を認証された製品を選ぼう!

コロナウイルス感染症対策として、「抗菌」や「制菌」、「抗ウイルス」の「SEKマーク」を目にする機会も増えたように思います。

マスクはもちろん、タオルや服など様々な繊維製品に付いていますよね。SEKマークの付いた商品なら安心して購入できるとお考えの方も多いかもしれません。

いろんな種類のSEKマークがあることや、その効果の違いをご存知ですか?今回はSEKマークと、「抗菌」「制菌」のSEKマークについて詳しく解説していきます!

繊維評価技術協議会が認証する制度

SEKマークは、一般社団法人繊維評価技術協議会(JTETC)が実施する認証制度(業界自主基準)です。

同協議会では、抗菌防臭加工を施した繊維製品の表示用語、評価方法・基準、安全性などに自主基準を設け、基準に合格した商品には「SEKマーク」を表示できるマーク制度を実施しています。

出典:日本化学繊維協会
参考:一般社団法人 繊維評価技術協議会

繊維製品に付けられるSEKマークの種類

SEKマークには、「抗菌防臭加工」「制菌加工」「抗かび加工」「光触媒抗菌加工」「抗ウイルス加工」「消臭加工」「光触媒消臭加工」「防汚加工」などがあります。

同じマークを基調にして、異なるカラーでそれぞれの用途や性能・効果を表しています。

SEKって何の略?

清潔・衛生・快適な繊維製品に付けられるマーク

SEKとは「Sen-i Evalution Kino」の略称で、(社)繊維評価技術協議会(Japan Textile Evaluation Technology Council)に由来しているようです。

「S=清潔」、「E=衛生」、「K=快適」これらの頭文字を合せてSEKというPRも行っています。

SEKマークの誕生秘話

目に見えない抗菌効果を保証すること

1981年から1982年にかけて、「抗菌防臭加工」の靴下が販売されたことが先駆けでした。

汗をかいたときの嫌な臭いは汗そのものの臭いではなく、衣服や皮膚に棲息してる細菌が汗や皮膚の汚れを栄養源に増殖し、独特の臭いを発することが原因です。細菌の増殖を抑制すれば、臭いの発生を防止できるわけです。そこで、繊維製品に抗菌剤を付加して、細菌の増殖を抑える「抗菌防臭加工」が開発されました。

当時は繊維メーカーがそれぞれ独自の試験方法と評価基準によって、個々に「抗菌防臭性」や「制菌性」を評価した繊維製品を販売していました。しかし、各メーカーからその試験方法と評価基準が明示されていないことが多く、購入する企業や消費者にとっては本当に効果があるものなのか判断できませんでした。

そこで、1983年に当時の通商産業省(現在の経済産業省)の指導で、消費者の混乱を解消し、健全な発展と国民生活の向上に寄与することを目的に「繊維製品衛生加工協議会」(現在の社団法人繊維評価技術協議会)が設立されました。

1985年に「アパ対協(アパレル製品等品質性能対策協議会)」で抗菌防臭加工を取り上げ、抗菌防臭加工を施した繊維製品に対する表示用語、評価方法、評価基準等を統一する基準が制定され、繊維製品衛生加工協議会は1989年8月からSEKマークの認証を開始しました。そして、この協議会の基準をパスした製品にのみSEKマークの表示が許諾されるようになったのです。

SEKマークは効果を示し、効果の耐久性、その加工の安全性についても保証するものです。SEKマークを取得するためには、公的機関で様々な試験(毒性試験、皮膚刺激試験、洗濯試験等)をクリアしなければなりません。それだけに信用性があり、SEKマークを取得している繊維製品はJISマークと同様に、安心と信頼性を持った製品なのです。

単に「制菌」「抗菌」と表示してあるだけの製品ではなく、しっかりとSEKマークの認証を受けている製品の方が信頼性が高く、安心して購入いただけます。

SEKマークは国際規格に対応!

SEKマークの厳正な評価基準は、国際標準化されています。

抗菌防臭、消臭、抗かび、抗ウイルスの試験方法・評価基準は、いずれも日本から国際標準化機構(ISO)に提案しているんです!そしてISO規格として国際標準化されたなんて、知っている方は少ないのではないでしょうか。

例えば、抗菌加工繊維製品の抗菌性試験方法は2007年にISO 20743として国際標準化されているんですよ。

制菌加工と抗菌加工のSEK認証マーク

(社)繊維評価技術協議会は、繊維製品に使用する加工剤と製品の両面から安全性と性能を評価する試験を実施し、2つの要件をクリアした製品にSEKマークを認証しています。

繊維製品の「抗菌加工」「制菌加工」には、用途と加工等により4種類のマークがあります。

抗菌防臭加工 SEKマーク(青)
抗菌防臭加工のSEKマークです。抗菌は、繊維上の臭いの原因菌(黄色ブドウ球菌などの細菌)の増殖を抑制する、抗菌防臭加工」が施された製品に付けられるマークです。汗や汚れを栄養源とする細菌が増殖を抑制することで、防臭効果を示し、靴下やタオルなどの衣類の嫌な臭いを防いでくれます。
抗菌防臭加工の試験方法は幅広い繊維製品に使用でき、JIS L 1902およびISO20743に制定され、国際基準になっています。

制菌加工 SEKマーク(橙)
抗菌加工よりも強力な細菌抑制効果を持つ、制菌加工の品質および安全性を保証する認証マークです。繊維上の皮膚常在菌や、黄色ブドウ球菌や肺炎桿菌などの人体に有害な細菌の増殖を抑制し、これらの菌の減少効果も期待でき、衛生的な効果が高いと言えます。
橙は一般用途を意味しているので、一般家庭用や食品業務用の繊維製品を対象に付与されるSEKマークです。

制菌加工 SEKマーク(赤)
医療機関、介護施設、行政機関等が必要と認めて指定する業務用の繊維製品を対象として付与される制菌加工済みの認証マークです。制菌加工 SEKマーク(橙)と大きく異なるのは、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球)への抑制効果が認められていることです。そして(橙)と同じように、肺炎桿菌や大腸菌といった人体に有害な細菌への抑制効果も認められています。そのため、医療・介護分野においても高い安全性を発揮します。このため、特定用途(赤マーク)の製品は、一般の店頭での販売が禁止されています。

光触媒抗菌加工 SEKマーク(紫)
光触媒とは、太陽や蛍光灯の光が当たることで酸化作用を引き起こし、有害な化合物を分解することで繊維上の細菌を抑制する効果を示します。例えば酸化チタンなどの光触媒加工剤は、紫外線等の光が当たると表面に活性酸素を発生します。これにより強力な酸化力が発生し、有機物が分解除去されます。試験菌として黄色ブドウ球菌と肺炎桿菌を使用し、その抗菌効果を確認しています。
繊維製品ではシャツなどの衣類や、カーテンなどのインテリア製品で実用化されていますが、繊維以外にもタイルや外壁、浄水の仕組みにも応用されるなど、幅広い用途で光触媒は活躍しています。

抗菌加工・制菌加工の違い

経済産業省・抗菌加工製品ガイドラインの「抗菌」とは何か

「抗菌」 = 製品の表面における細菌の増殖を抑制すること

経済産業省がまとめた抗菌加工製品ガイドラインによると、「抗菌加工製品」における「抗菌」とは、「当該製品の表面における細菌の増殖を抑制すること」と定義されています。

つまり、「抗菌」は菌やカビを殺すことではありません。また、「抗菌」の及ぼす範囲は製品の表面に限定されていて、一定時間持続して表面の細菌が増殖しないように加工されている製品を「抗菌加工製品」といいます。

また、「抗菌」の対象は細菌に限定されていて、ウイルス・カビや酵母などの増殖抑制作用は含まれていません。

微生物(ウイルス、細菌、真菌)の違い

細菌 目で見ることはできない小さな生物で、1つの細胞しかない単細胞生物です
たとえば緑膿菌は1μm程度です
納豆菌や、大腸菌も細菌の一種です
栄養を摂取して、自分を複製することで単独増殖します
真菌(カビ) 細菌と同じ「菌」がつきますが、細胞の構造が異なり、真菌は多細胞生物です
カビやきのこ、酵母菌、麹菌と聞くと、イメージしやすいかもしれません
人の細胞に定着し、菌糸が成長と分枝によって発育していきます
ウイルス 細菌の50分の1程度の大きさで、とても小さく、細胞がありません
たとえばインフルエンザウイルスは直径0.1μm程度です
新型コロナウイルス(COVID-19)も該当します
単独では増殖できないため、人や動物などの細胞内に侵入して増殖します

SEKマークの抗菌は、「抗菌防臭加工」

SEKマークは「抗菌加工」ではなく、「抗菌防臭加工」の認証マークが定義されています。抗菌防臭加工の主な目的は、嫌な臭いの原因となる黄色ブドウ球菌の増殖を抑えて、防臭することにあります。

「制菌加工」とは何か

SEKマークの「抗菌防臭加工」と「制菌加工」は、言葉も、細菌の増殖を抑制するという主な効果も似ていますが、まったくの別物です。

「抗菌防臭加工」が臭いに着目した加工であるのに対して、「制菌加工」は繊維製品の細菌の増殖を抗菌防臭加工よりも抑制することに着目しています。

「制菌加工」は繊維に付着した菌の増殖を抑えることで、繊維製品の衛生面を高く維持することが目的です。そのため「抗菌防臭加工」と「制菌加工」では試験対象菌種が異なるのです。

「抗菌防臭加工」では、黄色ブドウ球菌のみがSEKマーク認証を受けるための試験の必須菌です。

「制菌加工」では、「一般用途」で黄色ブドウ球菌と肺炎かん菌がSEKマーク認証試験の必須菌で、「特定用途」では一般用途の必須菌に加えてMRSAも必須菌となっています。

また「制菌加工」ではオプション菌として大腸菌、緑膿菌、モラクセラ菌の試験を行うこともできます。そのデータを協議会に提出することで、パンフレット等に試験結果を記載することができます。

制菌加工の一般用途?特定用途?

制菌加工には「一般用途(橙)」と、「特定用途(赤)」があります。

制菌加工の抗菌効果は一般用途と特定用途で異なり、一般用途では黄色ブドウ球菌・肺炎桿菌で試験を行い、菌液吸収法での殺菌活性値が0以上で効果があるとされています。

特定用途では黄色ブドウ球菌・肺炎桿菌の他にMRSA を用いた試験が行われ、菌液吸収法での殺菌活性値は0以上で効果があるとされています。

殺菌活性値:Bactericidal Activity Value

殺菌活性値とは繊維評価技術協議会で定められている基準で、接種直後の標準布の生菌数を、18時間培養後の加工布の生菌数除した値と規定されています。

「殺菌活性値が0以上」というのは、抗菌加工布の18時間培養後の細菌の生菌数が、接種初発菌数以下(未満)であること意味しています。例えば殺菌活性値2.0とは、接種初発菌数の99%減少する抗菌効果のことです。

「抗菌防臭加工」と「制菌加工」、結局どっちがすごいの?

目的が違う!

抗菌防臭加工は、防臭を目的としてニオイの原因となる細菌(黄色ブドウ球菌)の数を抑制します。対して制菌加工は、繊維に付着した細菌の増殖を抑制する加工です。

    • 抗菌防臭加工 → ニオイ対策
    • 制菌加工 → 菌の増殖対策

2つのマークは目的が違うため、どちらがすごい、という結論は難しいものがあります。しかし、制菌加工のSEKマークは、嫌な臭い(黄色ブドウ球菌)を抑制するだけでなく、肺炎かん菌や大腸菌など人体に有害な菌の増殖も抑制するものです。そのため、制菌には抗菌を上回る効果があるということになります。

SEKマーク(抗菌加工・制菌加工)の製品はコレ!

SEKマークのことが分かると、やっぱりSEKマーク認証の繊維製品を選びたくなりますよね。特に医療・介護分野でお仕事をされている方は制菌加工(SEKマーク・赤)の製品が気になられるのではないでしょうか。それでは、どんな製品があるのかご紹介します!

【SEK】制菌加工 赤

スクラブ 半袖 CHM355レディース アシックス asics 住商モンブラン 女性用 制電 制菌加工 防汚 ストレッチ

5,760円+税

【SEK】制菌加工 赤

スクラブ 半袖 CHM354 レディース アシックス asics 住商モンブラン 女性用 透け防止 制電 制菌加工 防汚 吸汗

5,600円+税

【SEK】制菌加工 赤

ミズノ スクラブ MZ-0018 MZ0018 男女兼用 制菌 透け防止 制電 MIZUNO 医療用

3,627円+税

【SEK】制菌加工 橙

制菌性・速乾性・制電性・通気性・低発塵性・帯電防止 スクラブ 男女兼用 アイトス メンズ レディース Lumiere 人気 861400 医療用白衣 看護師 医者 AITOZ

2,000円+税

【SEK】制菌加工 橙

ハイブリッドタイプ™マスクCW 100699

高機能マスクとして新開発され、2020年5月に販売開始されたばかり!話題のマスクです。

予約販売価格:2,000円+税

新しいSEKマークができるかも!

繊維評価技術協議会は繊維製品による紫外線遮蔽(しゃへい)機能(UVカット)を評価・認証する「紫外線遮蔽加工SEKマーク」(仮称)の策定を進めているそうです。世界にも繊維製品の紫外線遮蔽機能の試験・評価方法がいくつかあり、日本では従来、アパレル対策協議会が策定した「アパ対策協法」が広く使われる一方で、スポーツウエアではオーストラリア・ニュージーランド法が使われるなど業界内で統一した試験・評価方法がありませんでした。こうした中で2019年1月に繊維製品の紫外線遮蔽評価方法が日本工業規格(JIS)の「JIS L1925」として発行され、評価方法が統一されました。

繊維製品の紫外線遮蔽評価法がJIS化されたことで、この試験方法を採用したSEKマーク認証制度の策定を進めているそうです。認証を受けた製品の販売が待ち遠しいですね。

参考:紫外線遮蔽加工マーク委員会の発足について