• 投稿カテゴリー:サービス

7つの特徴をもつ:ワークシーンで活躍するポロシャツ

7つの特徴をもつ:ワークシーンで活躍するポロシャツ

夏に嬉しい♪着る場所を選ばない7つの特徴

    • 透け防止
    • UVカット
    • 吸汗速乾加工
    • 消臭テープ付き
    • JIS帯電防止規格(JIS T8118)適合
    • ポケット&ペン差し
    • スマートなシャツスタイル

帯電防止?

静電気の発生には、衣類が原因のひとつになっています。異なる素材でできた衣類がこすれると、静電気が発生します。衣類がこすれると、一方はプラス、もう一方はマイナスの電気を帯びることがあり、これを「帯電」といいます。帯電している衣類から静電気が「放電」されることにより「パチパチ」という現象(静電気)が起こるのです。

プラスになりやすい素材と、マイナスになりやすい素材

衣類には様々な種類の素材がありますが、素材によってプラス電気を帯びやすい素材、マイナスの電気を帯びやすい素材があります。プラスの素材とマイナスの素材がこすれると静電気を発生させますが、同じ帯電の素材なら静電気は発生しにくくなります。例えばもともと帯電しにくい綿や麻などの素材は、こすれても静電気が発生しません。

私たちは帯電しやすい

合成繊維製品がほとんどなかった時代は、静電気を感じる人は少なかったともいわれます。しかし現在、私たちが身につけている衣類の多くは、ナイロンやポリエステル、アクリルなど合成繊維が含まれています。丈夫な素材で、シワにもなりにくく洗濯にも強い反面、天然繊維に比べて静電気が発生しやすく、体に帯電されやすいのです。

静電気防止服が必要なわけ

静電気が製品に影響を与えるため、静電気防止服が必要な環境があります。例えば半導体工場。半導体工場で利用される服には無塵衣・防塵服と呼ばれるものがあります。主に体から出るホコリを防止する服ですが、静電気対策でもあるんです。繊維の中に金属繊維を織り込み、これが導電性を帯びて、体が静電気を帯電しても外部に放出し、半導体から静電気を守ります。

日常生活に静電気はつきもの

帯電防止服はこのような特殊な環境だけでなく、普段生活している中でも必要です。服を脱いだときにパチパチと痛い思いをしたり、黒のウールコートにホコリが付いたり、スカートが足にまとわりついたり…生活の中で静電気は身近な存在で、厄介ですよね。

それなら、静電気を防ぐ機能を持ったポロシャツ。

今回ご紹介するマルチ7 ビズポロは、JIS帯電防止規格(JIS T8118)に適合しています。

JIS規格(JIS T8118)とは

規格名称
静電気帯電防止作業服

適応範囲
この規格は、作業服の静電気帯電によって発生する災害・障害などを防止するため、生地に帯電防止織編物を使用して縫製した、静電気帯電防止作業服(上衣、ズボン、つなぎ服、防寒服など)について規定しています。

性能
帯電防止服の性能は、基準の試験により1点あたりの帯電電荷量が0.6μC以下でなければいけません。

構造・材料
裏地なし帯電防止服の生地は、すべて帯電防止織編物となります。ただし、やむを得ず補強裏地・ポケット裏地などに帯電防止織編物でない生地を使用する場合、その面積が帯電防止服の表面または裏面露出面積それぞれの20%を超えないものとしなければいけません。

裏地付き帯電防止服(中綿入りの防寒服やジャンパーなど)の生地は、表地及び裏地についても帯電防止織編物を使用し、原則として裏地生地(ボア)などは使用しないこと。やむを得ず補強のための裏地やポケット裏地で帯電防止素材でない生地を使用するときは、その面積が帯電防止作業服の表面又は裏面露出面積のそれぞれ20%を越えないものとすることと定められています。

金属製付属品(金属製ボタン・ファスナーなど)は使用しないこと。ただし、やむを得ずこれを使用する場合は、着用状態(ボタン・ファスナーなどを付けた状態)において直接外側に露出しない構造にすることが必要です。

7つの特徴をもつポロシャツ

ワークシーンで活躍する機能満載ポロシャツ
ボタンダウンでラフすぎない新しいシャツスタイル
コーコス 半袖ポロシャツ マルチ7 ビズポロ A-277
男女兼用 制服 ユニフォーム

透け防止
消臭
UVカット
吸汗速乾
帯電防止
ポケット
シャツスタイル

2,280円+税