日本の武士が起源⁉︎ 軍手の歴史から知る! 日本のものづくり

  • 投稿カテゴリー:ワーカー
You are currently viewing 日本の武士が起源⁉︎ 軍手の歴史から知る! 日本のものづくり

安くて、手に入りやすく、使いやすい軍手。家庭では大掃除に、ガーデニングに、非常時の防災用に、とアイディア次第で使い方は無限大のアイテムです。手袋の代わりに軍手を使ってた!なんて方も多いのではないでしょうか。工場や作業現場といった職場でも大活躍のアイテムです。

そんな軍手の誕生秘話をご紹介しましょう。

軍手が初めて登場したのは江戸時代末期だった

そもそも軍手(ぐんて)とは手袋の一種。丈夫で安価なため、誰もが一度は使ったことのあるとてもメジャーな作業用手袋です。メリヤス製の編手袋なので伸縮性があり、左右の区別がなく入れ替えて使えるという特徴があります。

この軍手が日本発祥で、旧日本軍の兵士が用いたことに由来し、「軍用手袋」を略したものだとはあまり知られていません。

メリヤスとは、編み物(ニット)の古い呼び名で、メリヤス編み(平編み・天竺編み)で編んだ生地のことです。

軍手の起源は、江戸時代末期の弘化・安政(1844 – 1860年)の頃、長州藩、現在の山口県のあたりでした。鉄砲を使った近代武装訓練のときに、鉄砲を素手で触ると錆びやすいため、兵士に手袋をさせたことが始まりとされています。その手袋は、長州藩の下級武士が鉄砲隊のために内職で手袋を縫った、と伝えられています。

その後、1867年に徳川幕府が軍隊を創設したことで手袋の需要が増し、さらに明治に入ってからは大日本帝国陸海軍が創設され、手袋の需要は一層増大しました。当時の日本軍では下士官兵用の官給手袋として使用され、作業用としてだけでなく、防寒具として着用するものだったようです。軍手を手袋として使っていたのは、今も昔も同じなのですね。

当初は「軍用手袋」と呼ばれていましたが、自然と「軍手」と省略して呼ばれるようになったとされています。そんな軍手が一般にも広まったのはいつ頃だったのでしょうか。

軍手は手作りから工業化へ

初期の軍手は兵士の手作りで、指と手の平の部分を別々に縫いあげて作り、手首にはゴムが入っておらず、色も白一色でした。

その後、スイスの名門老舗・エドワール・デュビェ社が世界初の横編み機を開発し、1906年(明治39年)に日本へ持ち込まれ、軍隊が愛用したそうです。この生産方法は第二次世界大戦後まで続きますが、生産量が限られていたため高価な手袋でした。

しかし、終戦後の1950年代、半自動機織り機が開発されたことをきっかけに、生産量が倍増します。指の部分を簡単に縫えたり、手首の部分にゴム糸を通すことができるようになり、安価で安全性の高い軍手が登場するようになりました。そして1955年、作業時の安全性を向上させるために手首の部分にゴム糸を織り込んで編み上げる「ゴム入り安全手袋」が日本メーカーによって開発されました。

一般にも軍手が普及するようになったのは、1970年頃になってからです。日本メーカーが競い合いながら革新的な技術を次々と生み出し全自動のシームレス編み機が開発されたのです。指先に継ぎ目がない軍手が販売されるようになると生産量が一気に伸び、大量生産・大量消費されるようになりました。

黄色がかって見える、綿の軍手が一番高価⁈

素材(繊維)の種類によって軍手を3つに分けることができるって知っていましたか?軍手といえば白色が人気ですが、実は白色ではない純綿軍手が高価なんです。素材によってそれぞれ特徴があるので、目的に合わせて選ぶようにしてくださいね。

純綿軍手
綿100%の天然繊維で編み上げられた軍手。丈夫で、高温や火に強く、高熱物に接触すると焦げるため火傷防止につながるのが特徴です。色はかすかに生成り(黄色)、または灰色がかっていています。着けたときに少しゴワつきますが、天然繊維なのでお肌にやさしく、肌の弱い方も安心です。吸水性に優れ、汗をよく吸うので夏の着用にも向いています。

混紡軍手
綿、ポリエステル、レーヨンなどの繊維を2種類以上混ぜ合わせた糸で編まれた軍手。後述の特紡軍手よりも綿の配合率が高いため、綿特有の柔らかさを感じられ、耐久性が高く、色は少し茶色がかっています。

特紡軍手(特殊紡績軍手、化繊軍手)
ポリエルテル、レーヨン、アクリルなどの合成繊維と綿を混ぜた糸で編まれた糸で編まれた軍手。耐久性が低く、洗濯に向いていません。また、高熱の物に触れると溶けてしまいますが、化学薬品への耐性はあります。白色で、3つの中では一番値段が安いため、幅広く使用されています。

最近の軍手事情

現在、様々な軍手が販売されているので、その一例をご紹介しましょう。

長軍手(ロング軍手)
手や腕の保護のため、肘先部分までカバーする軍手。服や作業着の袖の上からロング軍手を着用すると、細かいゴミなどの侵入を防ぐこともできます。

滑り止め付き軍手
手のひらの部分や指部分に、滑り止めのゴムや樹脂を貼り付けた軍手。普通の軍手に比べて握った時の保持力に優れています。滑り止め加工は通常手のひら側の片側のみのため、左右共用という特徴はありません。また滑り止め部分は熱に弱いため、高温や火を扱う作業には向いていません。

精密作業軍手(指先コーティング軍手)
指先をポリウレタンなどでコーティングしてあり、指先を使う細かい作業に適した軍手。帯電防止が施してあるものは精密機器の組み立て作業、製品の検査作業などにも使われます。

スマートフォン対応軍手
指先部分に導電性の糸を編み込んだ軍手。軍手を着用したままスマートフォンやタブレット端末などのタッチパネル操作が可能です。ただし、感電に対する安全性は落ちます。

再生(リサイクル)軍手
特紡軍手の一つで、衣料品から再生した綿糸を編み上げた軍手です。価格は安く、Co2排出量が少なく環境に優しいとされています。衣料品の色をそのまま活かしたカラフルな軍手もあります。

軍手の歴史と、軍手の種類、いかがでしたか?クロスワーカーでは多種多様な軍手・手袋を販売しています!ネットショップで比較することも、直接ショップで手に取っていただくこともできますので、軍手をお探しならクロスワーカーにご相談ください♪

九州にお住まいの方は、店舗にもぜひお立ち寄りください!皆さまのご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしています!

法人購入のご相談は、以下のフォームからお問い合わせください!


    購入希望見積もり希望ご相談